戸澤の週報

2007年03月25日

07-03-25

だいぶ春らしくなって来ました。そろそろコートともお別れの時期がやってきたようです。暖冬とは言うものの、この冬も大変お世話になりました。今度コートを見るのは9ヶ月くらい先でしょうか?これからしばらくは新緑が香る時期で一番良い季節となります。卒業、入学、入社、転勤などと、出会いと別れの季節です。悲しいようで何かが始まりそうなちょっと楽しみな時期です。今年もまた頑張りましょう。

弊社の7期目も間もなく終わりとなります。残り一週間となりましたが、気持ちとしては、全く落ち着く事が出来ない期末を迎えております。どの会社でも同じかと思いますが、期末はいつも忙しいものです。3月末納期をクリアするために、今週はハンドキャリーの一週間となりそうな予感です。全社一丸となって7期目を無事終わりを迎え、8期目に入りたいものです。

2006年度は本当に多くのもの作りに関らせて頂きました。「設計から製造まで」。現在ではどの会社でもEMSを標榜し取り組んでいるものです。しかし、少しでももの作りに携わっている方であればすぐにお分かりになると思いますが、もの作りとは本当に簡単な事ではありません。部品の調達とは全く異次元の困難さがあります。良く「生みの苦しみ」という言葉を聞きますが、まさにその通りの状態です。かつて経験がある分野でも何かがちょっと違っていて、全く前と同じという事はまずありません。すんなり1回でうまく行く事もまずありません。2006年度はEMSの難しさを学んだ年でした。同時に、多くの協力者にめぐり合う事が出来た年でもありました。弊社内部の組織を一部変更してEMSを専門で扱う部署もスタートさせました。案件進捗管理のためのノウハウも多くを蓄積する事が出来ました。全て、お客様との協業を通じて我々が学び取ったものであります。2007年度は尚一層充実したもの作りの協力が出来るように日々磨きをかけたいと考えております。

ページの先頭へ