戸澤の週報

2008年08月03日

08-08-03

ヒグラシ、アブラゼミ、ミンミンゼミの大合唱です。
セミたちが短い命の証とばかりに大きな鳴き声を出しています。
月は8月に代わり、真夏の最盛期を迎えています。
お客様も夏休みを取っている方も増えてきて、少しのんびりな感じでしょうか?

克己
素直な心
気配り

まずは自分の弱さを正直に認め、そこから自分自身を良く知ること。高い目標を持ち、目標達成に向け自分に打ち克っていく心。何か大切か、何を行っていくかを良く考えて自分自身を動かしていく事によって、より高みに到達できる。その過程には、多くの人から頂戴する言葉を素直な心で受け止めて、その中にある本当の意味を常に考える事。そして、人と接するときには、何かを行う前に少しの時間、相手の立場に自分の身を置き考えてみること。ほんの少しの気配りが社会生活を円滑に行うための潤滑油となります。

上記の3つの言葉は当社の社是です。
これらの言葉は私自身が常に気をつけている言葉達でもあります。
これらの3つの言葉を文章にまとめたのが、上の5行となります。
いずれも欠けることができない、相互に関係している事だと考えております。
どの言葉も意味が深く、まだ私自身も完全に理解しているわけではありません。
これからの人生の中で実践していきたいと考えております。

そして、これらを実践できている世の中はとても魅力的ですよね。
2番目の素直な心とは松下幸之助さんが常に言っていた事です。
素直な心があれば大きな問題には発展しないはずなのです。
そんな世の中が来るといいなと思いつつ、まずは自分からと思い返しております。

ページの先頭へ