戸澤の週報

2008年08月10日

08-08-10

真夏日が続いています。
先週ご報告したセミのほかに、ツクツクボウシも仲間入りして、夏の雰囲気を醸し出しています。
全く、これだけ暑いのであれば、この暑さをエネルギーに変換して地球温暖化に貢献できる技術を発明して欲しいものです。
間違いなくノーベル賞だと思います。

当社の経営理念をご報告致します。

全従業員の成長のための支柱となり、
物心両面の充足を追及すると共に、
自分たちにしかできない役割で、
お客様・社会の発展に貢献すること。

会社は誰のものですか?と言う質問には「株主のものです」と明確に答えられます。
では、会社は誰のためのものですか?と言う質問には、「従業員のためのものです」と答えます。
会社に戦力を提供しているのは従業員です。もちろん社長も含めてです。
従業員が一人一人が全てこの会社に入って本当に良かったと思い、仕事ができる会社であれば、その会社は自ずと伸びるはずです。
そんな会社に当社はなりたいと考えております。
当然、言うほどはには楽な道ではありません。
一つ一つの問題点を地道に解決していく事が、結局は近道になるはずです。
そういった活動の中で、当社にしかできないサービスが生まれてくるはずです。
これからも、皆様にご愛顧して頂けるサービスを考え続けて行きます。

ページの先頭へ