戸澤の週報

2009年11月07日

09-11-07

日本シリーズがクライマックスを迎えています。
今週の週報は行儀が悪いのですが、中継を見ながら書かせて頂きます。
7日(土)で3勝対2勝で巨人のリードで迎えています。
現在、7回裏で2対0で巨人のリードです。
本日、巨人で決まるのか、明日の最終戦にもつれるのか?

まずは、日ハムの田中賢介選手がトップバッターでヒットで出塁です。
森本選手が打席に入りました。森本選手は存在感のある選手です。
右方向に進塁打を狙い打ちましたが、ダブルプレイに終わりました。
ここまでの風は巨人に吹いているようです。
稲葉選手もピッチャーゴロに終わり、7回の日ハムの攻撃が終わりました。

ところで、私は昔から巨人ファンです。
小さい頃に行った後楽園球場で見た、「4番原」が今では監督を務めています。
時間が経ったものだなあと思います。

原監督と言えば、若手起用を思い切って行い従来の巨人の手法を変えてきました。
私自身も原監督のファンであるということはありますが、見習いたい方の一人です。
どの世界でも同じですが、新しく入ってきた人は最初から何でもできる人はいません。
誰もが、はじめは新人だということですね。
恐らく、原監督はもともと若手起用の考え方が昔からあったと思うのです。
実際に監督として采配を振るうことができる立場になり、実行したのですね。
常勝巨人の予感がしています。

ゲームは江尻投手のスライダーにバットが空を切り三振。
8回の裏の日ハムの攻撃となりました。
越智投手のコントロールは悪い中で、スピードのある球が光っています。
クルーンへ代わりましたが、何とか押えました。

9回表の巨人の攻撃はあっさり終わり。
いよいよ9回裏の日本ハムの攻撃です。
先頭打者の二岡選手がいきなり2ベースです。
俄然、盛り上がります。
簡単には勝たせてくれません。

なんとか2アウトまで来ました。しかし、ヒット一本で同点のシーンです。
2ストライクまで来ました。
最後は、三振に取り日本一。

7年ぶり、21度目の日本一です。
本当にうれしい瞬間でした。

ページの先頭へ