戸澤の週報

2015年02月08日

わくわく

また強い寒気がやってきています。
暦の上では春ですと言われても、ギャップを感じてしまいますね。
それでも木の枝の先には花がつぼみになり、間もなく来る春を感じさせてくれます。

本日ふと「わくわく」について考えてみました。
子供の頃は何か楽しいことが近い未来にあると「わくわく」したものです。
大人になるとこの感覚は減ってきてしまいます。
しかし、大人だから、仕事だからといってわくわくを感じられないのはもったいないと思うのです。
わくわくは心にも体にも良いからです。
難しいテーマですが、大人が仕事を通じてわくわくを感じるための方法を考えてみたいと思います。
わくわくするにはまずは、悩み事がないことが大切です。
悩み事は本当に色々な元気を連れ去ってしまいます。
その上で自分なりのわくわくポイントを設定します。
ここで重要なのは、わくわくするところは子供の頃のように分かりやすいものではありません。
自分でここと思うところを設定することが大切です。
例えれば、森の木に鳥の巣を作り、野生の鳥が入ってくるのを楽しみにするといった感じです。
大きな変化を狙っていくのも良いですが、たとえとても小さくても大丈夫です。
自分の中でしっかりと設定して、その変化をしっかりと意識してみることが大切です。
その小さな変化は、次の少し大きな変化につながり、いつしかとてつもない大きな変化となり、それは別名「改善」と呼ばれるものだったりします。
一人でも多くの社員がわくわくしながら働いている職場は本当に強いものだと思います。

ページの先頭へ