戸澤の週報

2021年05月30日

思い切り

5月も残すところあと1日です。

6月は雨の季節です。

梅雨が終われば、夏がやってきます。

マスク無しの夏を迎えることはできるのでしょうか?

この週末は家の片づけを行いました。

毎日特別に何かをしたわけではありませんが、生活をしているとものがたまっていきます。

いつもやらなければいけないと思いますが、いつも先送りしてしまっています。

毎日の生活をしているだけでも、精一杯なものです。

それでもそんなことをしていると、いつの間にか通路に様々なものがあふれてきます。

問題はこの溢れてきたものが空間を塞ぐことです。

毎日の中で何回も無意識かもしれませんが、通るたびに心に負担をかけます。

やらなければいけないと思い、それができないで生活をしていること自体も、心に負担をかけます。

物を探したりする時間も自然と増えていきます。

自分のものと空間との関係は、自分の心と実際の現実との関係に似ているようです。

仕事で考えてみても、自分の毎日の仕事を行うことで精一杯になってしまうと、仕事の質を上げていくことに目が向かなくなります。

それでも、やらなくてはいけない仕事をするために、思い切って時間を取るべきだと思います。

やるべきことをできている時には、頭や心の中での滞りが無いため、恐らく、普段行っている仕事もスムーズにいくと思います。

それなりに大きな成果を出そうと思うと、下準備に多くの時間が掛かります。

忙しくなれば一層思い切りが必要になります。

仕事はある意味「トレードオフ」です。

何かを得ようとしたら、何かを捨てなければいけません。

大きな成果を上げようと思ったら、何かうまくいっている仕事を止めてでも、そのことに時間を使うべきです。

 

現在のように先が不透明の時期ですので、自分に言い聞かせて、毎日を過ごすようにしています。


ページの先頭へ