戸澤の週報

2002年04月06日

02-04-06

4月も1週が終わりました。早々に葉桜となってしまっています。巷では大学生の新歓コンパが始まっているようです。いよいよ新年度という気がしてきます。

私は移動には大体が電車を使っています。車ですと都内を抜けるのに時間が取られてしまう為なのですが、その為、本を読む時間があります。最近、非常に興味深い作者に出会いました。山崎豊子さんという毎日新聞の社会部記者を経て、小説家になった方です。企業小説が好きな私にとって様々な本を読んできましたが、ここまで綿密な取材に基づいた小説というのは未だ読んだ事がありませんでした。シベリアに11年間抑留された元大本営参謀の戦後の商社マンとしての生涯を記した「不毛地帯」。有名国立大出身のエリートとして将来を嘱望されながら労働組合の委員長としての職務を忠実にこなした為に、中近東からアフリカへと内規を無視した流刑にとなり、その中で会社に戦いを挑んだ「沈まぬ太陽」。共に大長編です。久しぶりに寝食を忘れての読書をとなりました。是非皆さんもお試しください。

あと、もう1つ皆様にご報告。本日、池袋西口にあるラーメン屋「中本」に行ってきました。このラーメン屋はもともと板橋にあったのですが、1度閉店したのですがまた再開し、去年くらいに池袋にも支店を出しました。この店の名物「蒙古タンメン」は味噌ベースのタンメンなのですが、上に辛いマーボ豆腐が乗っかっています。非常に辛いのですが、辛さの次に来るうまみは絶妙です。私は、元々辛いのは大の苦手なのですが、久々チャレンジしてみましたが大量の汗は吹き出てきましたが、おいしく食べられました。たまに、この週報でラーメンの話をしているので気付いている方もいらっしゃるかとは思いますが、非常にラーメン好きです。今後も紹介するのに値するような店に出会ったらご報告します。ちなみに中本は、池袋西口の東京芸術劇場の目の前のマクドナルド左裏のABCレストランの2Fです。

今週は、会社に関係ないことばかりではありますが、たまにのことですのでお許しください。半導体の方は、日増しに品薄感が強まりを見せており、昨年とは少し状況が変わってきています。次週は現在の状況をもう少し詳しくご報告させていただきたいと思います。

ページの先頭へ