戸澤の週報

2007年05月06日

2007/5/6

ゴールデンウィークもあっという間に過ぎていきました。ちょっと雨も降りましたが、全体的には天候も良く観光日和だったのではないかと思います。私は、GWの後半に友人の結婚式で福岡に行って参りました。福岡には仕事では何度も行った事がありますが、出張で行く時は全く観光らしきものをした事がなく、福岡の町は良く分かっていませんでした。良い街だとは聞いていましたが、今回1日観光に当てて周遊してみましたが、本当に良い街でした。福岡といえば博多ですね。博多といえばラーメンです。キャナルシティにある「ラーメンスタジアム2」に早速足を運びました。最近は大きな駅にはラーメンの集合体があり便利な世の中になったものです。本当は一つずつの店に行けば良いのでしょうが、時間を考えると一箇所にまとまってくれている事は本当にありがたいものです。ラー博のおかげといって良いでしょう。ラースタでは博多「一幸舎」にまず入りました。他にも多くの店があり、どれも甲乙が付けられませんでしたが、まずは博多の店である事と、福岡地醤油3種類と魚系6種の出汁をブレンドと言われてしまったら入らないわけには行きません。出てきたどんぶりからは豚骨らしい香りがしてきましたが、食べてみると臭みゼロのあっさりと頂く事が出来ました。味も癖がなくおいしく頂く事が出来ました。ここで帰ろうかと思いましたが、折角なのでもう一軒、札幌麺処「白樺山荘」に寄って行きました。純連、すみれ、えぞ菊などの代表的な味噌ラーメンとはまた違う個性のある旨さを備えた一杯でした。すみれと札幌の一国堂の良いところを取ったような感じでしょうか?(分かる方は少ないかと思いますが・・・。)。その後は、一風堂の本店に立ち寄り、本店にしかないしょうゆ味と、合わせ味を満喫し、最後には中州の屋台に立ち寄り、これ以上は胃の中には入りきらなくしてホテルに戻りました。さすがに少し肉が付きました。もちろんその他にも観光地には行ったのですが、ここでは割愛致します。「ラーメン屋を回ればその土地の考え方が見えてくる」これ私の持論なのですが、皆様はいかが考えますか?
  • corestaffONLINE
  • コアスタッフの風景
  • 社会貢献活動
  • 物流センター