戸澤の週報

2023年05月28日

マルジナリア

一年で1番心地よい(近年はかなり暑い日もありますが)ひと月が間も無く終わってしまいます。

寂しくもありますが、これから始まる夏は、どこか心ときめかすところがありますね。

実際には、うだる暑さに苦しむことになるのですが。

 

マルジナリアという言葉があります。

ご存知の方はあまり多くないかもしれません。

本の余白の書き込みのことです。

この言葉を知らなかったとしても、本を読む人は本に何らかの書き込みをするか、全く書き込みをしないか、大きく2つに分かれると思います。

書き込み派の大家である、東工大リベラルアーツ研究教育院の教授である山本貴光さんは、マルジナリアだけをテーマとして2冊も本を書いています。(マルジナリアでつかまえて、マルジナリアでつかまえて②)

本の至る所が、マルジナリアに対する愛で溢れています。

社内の研修でも、本を読みなさいと口をすっぱく言うのですが、思っている以上に、多くの人が読書に苦戦しています。

よく課題に上がるのが、そもそも本の読み方がよく分からないということです。

こちらは、なんとなくわかります。

活字に慣れていないうちは、文字をずっと目で追っていくことに慣れていないため、集中力が続かないのです。

また、本は大抵面白さを感じるのは中盤以降で、初めての方は場面設定だったり、前置きをツラツラと書いてあったりと、読書の世界に入りづらくなっています。

その上、スマートフォンと言う、集中力を阻害する最大の強敵も存在しています。

こんな、活字にとって四面楚歌の時代を乗り越えていくかが、今後の社会人の大きな課題となります。

私自身読書による恩恵を最大限受けていると考えているため、この問題はなんとしても解決したいと思います。

対策案はいくつか思いつくところはありますが、ここでは書きません。

近くに、当社の社内研修である、コアスタッフユニバーシティで、先述の山本貴光先生に、読書の仕方について講義頂くからです。

 

マルジナリアの基本は精読だと思います。

本当に本の内容を理解したいならば、精読は必須であり、マルジナリアは大きなヒントになると思っています。

同時に本に書き込んだ内容は、再度読む未来の自分との会話であると山本先生は言っています。

きっと、さまざまな示唆をいただくことができると思いますので、少し先にはなりますが、講義を受けたらまた、共有させていただきたいと思います。

  • corestaffONLINE
  • コアスタッフの風景
  • 社会貢献活動
  • 物流センター